竜田山

3年ぶりに自分のブログにアクセス
・・・生きてたんだ・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
へこむこと
なぜ私の読んだ本はamazonにないんだ!!
画像がないのは当たり前!最悪の場合取り扱っていないらしい。
何も図書館で本を借りているわけじゃないから
そんなに古い本じゃないはずなのに・・・
これじゃー感想を書く気が失せるじゃないか!
23:10 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
カレル・チャペックって凄い人だなぁ
先ほど読んだ「園芸家12ヶ月」のカレル・チャペックという人は
チェコ人らしいですね。
クルテクもチェコのアニメだし、
この数日で私の中にチェコフェアが開催されていたようです。

カレル・チャペックの本は初めて読みましたが
結構色々な本が日本で出ているのですねー!
演劇や推理小説、評論や童話など、
もう書けない作品は無いなと感じるくらい。
ロボットという言葉をはじめて作ったのも彼ですか。
著作の中の山椒魚戦争というのはこの間読んだ
「森の紳士録」でちらっと取り上げられていました。
思いもかけないところでリンクしていますね・・・
山椒魚戦争を読んでみたくなりました。
23:53 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
へんないきものに関連して
昨日感想を書いた「またまたへんないきもの」
この本の挿絵を書いている人は寺西晃という人なのですが、
「またまたへんないきもの」の作者紹介のページに気になる一文が
「平成の石原豪人と人は呼ぶ」
えー!確かにリアルな動物の姿や
教科書に出てきそうな子供のイラスト、
恐怖漫画や少女マンガタッチなど色々書いてますね。
石原豪人好きとしては気になるところです。
作者は他にもどんな絵を描いているのか調べてみました。
http://www.akirat.com/
なるほど・・・リアルテイストなイラストが得意な方なのですか。
絵もさることながら日記が面白くてすっかりファンになってしまいました。
22:49 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
最近本を積んでばかりいたら
地震が来たらどうすんの!と怒られ、渋々片付け開始。
例のごとくめちゃめちゃ本の配置だけにこだわりまくる。
そして本だけきっちり片付けると
本棚が狭くなっていることに気付く。
あーそう言えば去年の十一月頃から本棚ほしかったんだけど
これ以上本を増やさないと言う約束もあり
自分の力(自転車&徒歩)のみで極秘に買いに行かないといけないから
面倒臭く、年末のゴタゴタもあって、すっかり忘れていたのだった…
もう二段重ねは当たり前、
並べた本の上に積んだり(結局積んでいる)したのですが
いよいよ本がマックス、売ろうかな…
でも「私は自分の本に関してはおそろしくけちんぼby澁澤龍彦」
なので、文庫とはいえ手元に置きたい本ばかり…
本棚欲しいなぁー勿論本も欲しいけど。
00:28 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
昨日書いたことを見ていたら段々思い出してきた。
私の記憶が呼び覚まされてきました。
小学生の頃「黄金の脳を持つ男」や「死者のしかえし」、
「緑色の目の白いネコ」をはじめとする
金の星社の「世界ふしぎな話こわい話傑作集」に熱中していたはずだと。
公文出版の幻想文学館を読んで
「夢十夜」から夏目漱石を、「桜の木の下には」から梶井基次郎に興味を持ったことを。
結構昔から変な(怖い)本を読んでいた人だったのねー!
っていうか今よりも文学少女じゃないか!
ああー思い出すなぁーおどろおどろしい装丁の本たちを。
久しぶりに読んでみたいけど県立図書館は今工事中なのよね〜
23:50 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
やっぱり本の感想は
私の場合読み終わってすぐ書かないとすぐ薄れてしまいますね。
手ですくった水をこぼさずに他の器に移すみたいな感じじゃないと
面白かったのにうまく表現できません。
やっぱり勢い勝負で成長ができない人間なのでしょうか。
本当は好きな箇所を掘り下げ、練りこんで書くべきなんだけどなぁー
22:57 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
書こう書こうと思って忘れてましたが
さわや書店が凄い企画を始めていましたね。
「世界文庫遺産」とかいうやつ、
前ラジオでさわや書店の店長が
絶版になりそうだがこれだけは読んどけな文庫を
大量に買い集めてフェアを開催する
みたいなことを言ってたけどこれかー!
何かわざわざオリジナルの帯をつけて山積みしている辺り
(ケンジ君と名乗る怪しい牛が
「モー読んだ?」と聞いてくるイラスト付き)
さわや書店というか店長のやる気のほどが伺えます。
志水 辰夫の「飢えて狼」「背いて故郷」
「裂けて海峡」の三部作がお勧めらしい。
こんなに大々的にフェアをして赤字になったらどうすんだ・・・
と少し心配ですが、
「天国の本屋」を流行らせたノウハウで何とかするのでしょう。
さわやが潰れたらとっても困るのでうまくいって欲しいです。

ところで日々進化し続けるさわや書店ですが、
ホームページは無いのでしょうか。
東山堂みたいに手広くやっているわけではないので
こっちの方には手が回らないのかもしれませんが、
あの店長の企画力さえあれば、面白いサイトができると思います。
特に隣のモモ辺りかなり必要だと思うのですが。
23:08 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
百里亡慙△靴謄優奪箸鬚気泙茲辰討い燭
芥川龍之介が描いた落書きを発見しました。
http://hugo-strikes-back.com/akutagawa/index.html
河童の絵は高校の国語便覧とかで知っていたけど
下の百硫菫・・・ほかにも書いてたんだね・・・やっぱり怪しいよ!
頭から出ている渦巻きは何だろう・・・
11:03 | 雑記 | comments(2) | trackbacks(0)

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--