竜田山

3年ぶりに自分のブログにアクセス
・・・生きてたんだ・・・
<< 第二阿房列車 | TOP | 日本語表と裏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
書こう書こうと思って忘れてましたが
さわや書店が凄い企画を始めていましたね。
「世界文庫遺産」とかいうやつ、
前ラジオでさわや書店の店長が
絶版になりそうだがこれだけは読んどけな文庫を
大量に買い集めてフェアを開催する
みたいなことを言ってたけどこれかー!
何かわざわざオリジナルの帯をつけて山積みしている辺り
(ケンジ君と名乗る怪しい牛が
「モー読んだ?」と聞いてくるイラスト付き)
さわや書店というか店長のやる気のほどが伺えます。
志水 辰夫の「飢えて狼」「背いて故郷」
「裂けて海峡」の三部作がお勧めらしい。
こんなに大々的にフェアをして赤字になったらどうすんだ・・・
と少し心配ですが、
「天国の本屋」を流行らせたノウハウで何とかするのでしょう。
さわやが潰れたらとっても困るのでうまくいって欲しいです。

ところで日々進化し続けるさわや書店ですが、
ホームページは無いのでしょうか。
東山堂みたいに手広くやっているわけではないので
こっちの方には手が回らないのかもしれませんが、
あの店長の企画力さえあれば、面白いサイトができると思います。
特に隣のモモ辺りかなり必要だと思うのですが。
23:08 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:08 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://enokitake.jugem.jp/trackback/19
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--