竜田山

3年ぶりに自分のブログにアクセス
・・・生きてたんだ・・・
<< 風力鉄道に乗って | TOP | feedmeterを取り付けてみました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
昨日の話に関連して佐々木マキのこと
昨日の風力鉄道に乗っての表紙絵(画像はこちら)に
ものすごいデジャビュを感じたので
画家名で調べてみたらこんなサイトをみつけました。
佐々木マキの世界
なるほどー漫画家やイラストレーター、
絵本作家と幅広く活躍なさっている方なのですね。
シンプルな配色は絵本の表紙に向いていますね。
個人的にキツネや羊、狼といった動物のイラストが味があって好きです。

結構見覚えがあるものが多かったです。
村上春樹の表紙とか
「すんだことはすんだこと」や「黒いお姫さま」の絵本の絵とか。
特に上記2冊の絵本は面白いので
また別の機会にここで書きたいと思います。

それから「かにロボットのぼうけん」
この本凄く大好きでした!
普通に売られていた絵本ではなかったのですけど・・・
確か、かにロボット工場で落ちこぼれたかにロボットが
逃げ出したか捨てられた先の海で
本物のカニらに助けられ、幸せに暮らすような話だったような・・・
落ちこぼれのロボットというのが、何だかドラえもんを連想させますね。
実際に読んでみると、明るい絵柄に随分救われたような思い出があります。
あの本どこで読んだのだろう・・・家でなかったのは確かなんだけど・・・
23:58 | 児童書の感想 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
23:58 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://enokitake.jugem.jp/trackback/28
トラックバック
2006/01/06 5:35 PM
佐々木マキの新作、絵本『また ぶたのたね』(絵本館)にはタイトル・ロール?の豚の...
can we beat them?

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--