竜田山

3年ぶりに自分のブログにアクセス
・・・生きてたんだ・・・
<< リンク一件追加しました。 | TOP | 昨日書いたことを見ていたら段々思い出してきた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
結構挿絵って重要なんですね。
合成人間ビルケ
合成人間ビルケ
ペリヤーエフ, 馬上 義太郎
最近思い出の児童書コーナーとなっているこのサイトですが、
今日は私の記憶におぼろげながら残っている児童書の話です。
合成人間ビルケ
題名をすっかり忘れていましたが、凄まじいタイトルですね。
ジャンルはSFです。
現在はSFなど全く読まないのに
当時の私は何を求めてこの本を読んだのでしょうか。
おぼろげな記憶をたどりつつ、
単語を適当にヤフーに打ち込んでようやく発見。
あらすじはこちらのサイトに詳しく載っております。
かなりおどろおどろしい内容ですよね。
怖がりの癖にこんな話を読んで、
またいつものごとく夜トイレに行けなくなったんだろう・・・
(余談ですが、最近になっても昼読んだ廃墟写真集のせいで、
夜電気を消して眠れなかった)と思いますが、
実はそんなに怖くなかった。
それは挿絵のせいです。
くまのこウーフシリーズで名高い井上洋介氏の挿絵だったのです。
現在は絶版だそうですが、表紙がこんな感じです。
この挿絵で随分救われたのかもしれません。
これが石原豪人(好きですけど)の挿絵だったりしたら
絶対トラウマになっています。
リンク先の受け売りになりますが、
SFに推理小説や恋愛の要素も入り、深い内容になっております。
首だけで生きることになった踊り子の苦悩は、
脳死問題や終末医療の問題をかかえた
現在へのメッセージもあるような気がしますね。
特に踊り子の首に若い女性の体を取り付けたら
体の作用で踊り子の顔も若返ったというエピソードは記憶に残っています。
後にホルモンとか拒絶反応とかを習ったときに思い出しました。
ところでこれもネットを彷徨って知ったのですが、
現在はイラストが新しくなったそうです。
うーん・・・この表紙絵だったらたぶん読んでないかも・・・
完訳本もあるようなので、
ジーキル博士とハイド氏の時みたいに
新たな発見があるかもしれないから読んでみたいですね。
23:56 | 児童書の感想 | comments(6) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
23:56 | - | - | -
コメント
…って私が読んでいた頃の本の表紙も今見ると怖いかも。
当時怖くなくて今怖いって…
2006/01/13 12:52 AM by 山芙蓉
ベリヤーエフ!なつかしい…
この子ども向けSFシリーズって今考えると怖い話が多かったんですよね〜。子どもの頃はあんまり怖いとも思わず読んでたんですが…
子どもの頃の方が鈍感だったのか、ストーリーに気を取られていたのか。
完訳本の『ドウエル教授の首』は持ってます。
こちらも表紙が新しくなってますね。
2006/01/13 9:44 PM by 愚園
グウェン様もこの本読んだことあるんですか!
しかも完訳本もお持ちなんですね!さすがです。
完訳本は違う視点から話が進んでいくそうですね。
私も表紙絵を今見ると怖いなと思うんですけど
当時は結構面白がっていたような気が・・・

SFといえばお爺さんと同じ名前の人が
偉大な宇宙飛行士だったお爺さんの話を書いたものも覚えています。
引退していたお爺さんがある男の話に乗って宇宙へ旅立ち、
宇宙人がいるかもしれないある星にたどり着きます。
一人で探索機に乗り込んだお爺さんがレポートして
地底に街がある!というところで宇宙人らしきものに殺されてしまう話なのですが
これは何のSFなのかわかりますか???
これはキーワードを入れても膨大すぎてわかりませんでした・・・
2006/01/14 12:00 AM by 山芙蓉
はじめまして&トラックバック、ありがとうございました。
僕もこの作品は小学校高学年の頃に読んだんですが、自分の子どもがその歳になったので、これらの本を与えつつ、自分も再読しています。
岩崎書店のこのシリーズは、ジュブナイルとはいえ翻訳も悪くないし、良いシリーズですよね。復刊万歳!です。
2006/01/14 12:31 AM by yuji
引退したお爺さんが…というのは読んだことがないですね。
昔のこども向けSFシリーズを探してみればわかるかな?でも、今はほとんどが絶版なので、情報も限られてくるんですよね。
SF系のサイトを回るときに探してみます。
2006/01/14 10:33 AM by 愚園
>yujiさま
はじめまして。
そうなんですよ!翻訳がいいですよね!
何度読んでも新しい発見がありそうですから
子供と一緒に読むというのもまたいいですよね。
私も図書館が復活したら
もう一度よみかえしたくなりました。

>グウェンさま
ありがとうございます!絵はシンプルな感じでしたが・・・
わからないんですよ〜凄くモヤモヤします。
2006/01/14 11:07 PM by 山芙蓉
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://enokitake.jugem.jp/trackback/32
トラックバック
2006/01/14 12:28 AM
いきている首(冒険ファンタジー名作選 4)アレクサンドル・ベリヤーエフ作・馬上義
中空庭園

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--