竜田山

3年ぶりに自分のブログにアクセス
・・・生きてたんだ・・・
<< もぐらくん・・・何と奥が深い世界・・・ | TOP | カレル・チャペックって凄い人だなぁ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
園芸家って一体・・・
園芸家12カ月
園芸家12カ月
カレル チャペック, Karel Capek, 小松 太郎
本を読んで全く園芸家って奴はー!と呆れながら笑ってしまいましたよ。
園芸家というほどではありませんが
園芸家に少し親近感を抱いている私にとっては
本当に面白かった本です。
園芸家というのは文字通り園芸が好きな人達なのですが
園芸に心血を注ぎすぎるあまりに
隣の家の園芸家に闘志を燃やしたり、留守番を頼んだ人を罵倒したり
珍しい植物を注文しすぎて植える場所を考えなかったり
土を柔らかくするつもりで球根を潰したりします。
しかし本当に植物のことしか考えていないので、何か憎めないのですよ。
作者はそんな園芸家の12ヶ月をユーモラスに書いています。
作者も、もちろん訳者もそんな園芸家で
園芸家であるということを楽しんでいるふしがあります。

作者のすんでいるところではオーソドックスな植物でも
日本ではなじみの無い植物には
丁寧に注がつけられているというのも良いですね。
名前が気になる植物はついつい図鑑で調べてしまいました。
訳者によると作者の住んでいたチェコは
北海道より夏涼しく冬寒いところだそうですが、
やはりそこだと生える植物は違うんですね。

シャボテン信者のところ、多肉植物に惹かれている私にとって
耳が痛く、かつ一番面白かった箇所でした。
ネットや本で同じ植物なのに
水のやり方や育て方に違うのはなぜかと思っていましたが
信仰する宗教の違いなんですね、納得しました(笑)
作者は本当にこういうところのユーモアがうまいですね。

作者の兄が書いた絵がページのあちこちにあるのもいいですね。
この作品は無声映画か
作者の兄の絵のタッチでアニメ化して欲しいですね。
トラックバック
http://d.hatena.ne.jp/mashco/20060306/1141606097
http://blog.so-net.ne.jp/ksgarden/2006-01-21-3/trackback
http://www.excite.co.jp/book/tb/book/product/ASIN_412202563X
http://mojix.org/2005/07/31/223218/trackback
http://compass-rose.jugem.jp/trackback/53
23:40 | 本の感想 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
23:40 | - | - | -
コメント
こんばんは、TBありがとうございます。
こちらからもTBさせて頂きました。
この本を読んだ時はちょうど観葉植物やサボテン、ミニ家庭菜園に熱中していた時期だったので、わかるな〜その気持ちって、お仲間を見つけた嬉しさでした。
ユーモアたっぶり、園芸家への愛情たっぷりの本ですね。
2006/03/18 10:39 PM by 雪芽
こんにちは
私も多肉植物好きだし、野菜を作ったこともあるので
この本の園芸家の気持ちはよくわかります。
植物に対して愛を注いでも植物のためにはなってないところがポイントですよね。
その部分を冷静に記述しているあたり、ずっと笑いながら読んでいました。

2006/03/19 10:21 PM by 山芙蓉
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://enokitake.jugem.jp/trackback/55
トラックバック
2006/03/18 10:30 PM
園芸家12カ月 カレル・チャペックという名前を聞いたことがあるだろうか? 答えがイエスなら、ひとまずお茶でも飲んでお待ち頂きたい。 ノー、知らないという答えの方にだけ質問。 では、ロボットという言葉を知っていますか?
コンパス・ローズ compass rose

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--